園の概要

沿革

 原町田幼稚園は、二人のキリスト教宣教師(バプテスト派)であるクララ・A・サンズ女史と、クララ・A・カンヴァース女史、及び捜真女学校22回卒業生田村スメの3人の功績による。

 

 ミス・サンズは1875年(明治8年)来日、ネーザン・ブラウンを助けながら横浜を中心に、その周辺である長後、上溝、藤沢、原町田などでキリスト教の伝道と、子女の教育に力を注ぎ、原町田幼稚園の母体である原町田教会の基を築かれた。

 

 ミス・サンズ帰米後、その志を継いだカンヴァース女史は、捜真女学校と3つの幼稚園創設に関わりをもった。その1つが原町田幼稚園である。

 

 1929年(昭和4年)捜真女学校でカンヴァース女史の良き助け手であった原町田教会第3代植山寿一郎牧師は、当時桑畑であった現在地を購入し、新しい会堂・園舎を建築した。初代園長に植山、主任保母に田村スメ(後に園長)をおき、原町田幼稚園は町田市及び近隣の地区で最初の幼稚園として開設された。植山は会堂園舎入り口に、英語と日本語で「ミス・サンズ記念教会」の銘板をはめ込んだ。園児は遠く相原、狛江、菊名からも集まった。

 

 戦後、学校教育法の制定と同時に、1948年(昭和23年)東京都の認可を受け、1967年(昭和42年)に鉄筋コンクリート園舎を建築、2010年には耐震補強工事を施した。

 

 2020年には53年間お世話になった園舎を解体し新園舎建設を開始した。2021年8月に完成予定である。

保育方針

 原町田幼稚園は、キリスト教を基本理念とし、神さまにいのちを与えられ、見守ってくださることへの感謝と祈りをささげ、自由に遊びながら幼児の心身の調和的な発達を目指します。 

 

神様から託された一人ひとりを大切にします

友だちとかかわり思いやりの心を育てます

楽しく遊びながら想像力や思考力を育てます

目には見えない神様を知り心の土台を育てます

宮島牧人園長からのメッセージ

親と子の「自己肯定感」

 

  子どもにとって何よりも大切なことは愛されることです。「生まれてきてくれてありがとう」「あなたがいてくれることが嬉しい」との言葉をもらいながらぎゅっと抱きしめられることです。4歳、5歳、6歳、あるいはそれ以上の歳になっても時々抱きしめて「可愛いね」と言ってあげてください。それによってこれからの長い人生を生きていく上での基礎となる子どもの自己肯定感が据えられるからです。子どもの自己肯定感を高く保つのに大切なのが大人であるわたしたちの自己肯定感です。ただ、わたしたち大人が「自分の自己肯定感を高めなければいけない」と肩肘をはって頑張る必要ありません。他の人から「よくやっているね」と言われることも嬉しいですが、まず自分で「わたし、家事、幼稚園のこと、家計のこと、子育て・・・等々、色々と頑張っている!わたしはすごい」と時々自分を褒めてください。ご褒美に自分の好きなものを食べてもいいですし、買ってもいいのです。神様が皆さんの頑張りをしっかり見ていてくださり「あなたは実に良くやっている」と言ってくださっています。

 

 

「非認知能力」

 

 原町田幼稚園では子どもたちの非認知能力を伸ばしたいと願いながら日々保育をしています。幼少期にこの力を伸ばした子どもたちは大人になってから安定した仕事や社会的な成功を収めたという研究結果が出ており、新学習指導要綱にもその重要性が指摘されています。この力は主に遊びを通して培われていきますので本園では自由遊びを大切にしています。非認知能力とは次の3つの力を兼ね備えた力といわれています。①何かうまくいかないことがあっても「大丈夫」「次はきっとできる」と自分だけでなく他者に対しても“ネガティブ”を“ポジティブ”に変えられる力です。②目標に向かって粘り強く頑張り最後までやり抜こうとする力です。牛乳パックを使って電車を作ること、おにごっこで最後の一人まで捕まえようとすること、砂場で大きな山を作ることもその力を育みます。③「こうやったらどう?」「いいね、じゃあこれは?」などと他者を受け入れながら上手に関わるコミュニケーション能力です。「自分は愛され、大事にされている」と日々の生活の中で実感し「生まれてきて良かった!」との安心し他者を信頼できる子どもは幼稚園や保育園、学校などでその力を伸ばしていきます。