園の概要

沿革

 原町田幼稚園は、二人のキリスト教宣教師(バプテスト派)であるクララ・A・サンズ女史と、クララ・A・カンヴァース女史、及び捜真女学校22回卒業生田村スメの3人の功績による。

 

 ミス・サンズは1875年(明治8年)来日、ネーザン・ブラウン女史を助けながら横浜を中心に、その周辺である長後、上溝、藤沢、原町田などでキリスト教の伝道と、子女の教育に力を注ぎ、原町田幼稚園の母体である原町田教会の基を築かれた。

 

 ミス・サンズ帰米後、その志を継いだカンヴァース女史は、捜真女学校と3つの幼稚園創設に関わりをもった。その1つが原町田幼稚園である。

 

 1929年(昭和4年)捜真女学校でカンヴァース女史の良き助け手であった原町田教会第3代植山寿一郎牧師は、当時桑畑であった現在地を購入し、新しい会堂・園舎を建築した。初代園長に植山、主任保母に田村スメ(後に園長)をおき、原町田幼稚園は町田市及び近隣の地区で最初の幼稚園として開設された。植山は会堂園舎入り口に、英語と日本語で「ミス・サンズ記念教会」の銘板をはめ込んだ。園児は遠く相原、狛江、菊名からも集まった。

 

 戦後、学校教育法の制定と同時に、1948年(昭和23年)東京都の認可を受け、1967年(昭和42年)に鉄筋コンクリート園舎を建築、2010年には耐震補強工事を施した。

 

 2020年には53年間お世話になった園舎を解体し新園舎建設を開始した。2021年8月に完成予定である。

保育方針

 原町田幼稚園は、キリスト教を基本理念とし、神さまにいのちを与えられ、見守ってくださることへの感謝と祈りをささげ、自由に遊びながら幼児の心身の調和的な発達を目指します。 

 

神様から託された一人ひとりを大切にします

友だちとかかわり思いやりの心を育てます

楽しく遊びながら想像力や思考力を育てます

目には見えない神様を知り情操を育てます